「研削といし・ダイヤモンドホイール」の使い方「技術講習会」

技術講習会の様子

〈こんな事でお困りではありませんか?〉

★ 「今迄、研削加工の新人教育はベテラン社員に任せていたが、現在、適任の先輩社員が社内におらず大変困っています。」  ・金型メーカー社長A氏

★ 「研削砥石」に関する知識はベテラン社員の経験で後輩社員に指導して来たが、一度理論的にわかりやすく学ばしてあげたい。」  ・部品メーカー工場長B氏

★ 「といしの勉強会(講習会)に社員を参加させた経験はあるのですが、情報(内容)があまりにも学問的で、もっと現場(実製造)に役立つ知識を教えて欲しい。」  ・大手電気メーカー教育担当C氏

◇カリキュラム◇

● 基礎コース[学科講習](「金型メーカー編」と「精密部品・装置メーカー編」があります)

1) 「研削といし」の種類とその適切な使用用途

→部品の“材質”が“加工精度”によっては『最も良い砥石』は異なります。

2) 「超砥粒ホイール(ダイヤ・CBN)」の種類とその適切な使用用途

→ダイヤモンドホイールも“種類によって”『目立て・振れ取り』の方法が異なります。

3) 「ドレッシング(目立て)とツルーイング(振れ取り)」

→といしやホイールの“目立て”には『ある一定のきまり事』があって、これを知っているとどの様な砥石でも、どの様な加工でも対応できます。

● 専門コース[学科講習]

1) 貴社で日々製造されている内容に合わせ、より専門的な知識を解説します。

2) 貴社で今後検討される工法に合わせ、より専門的な知識を解説します。

● 実技講習を含むコース

※ 基礎コース・専門コースにかかわらず、ご要望に応じて「実技講習」も行います。ただし、2~3時間の時間が加算されます。

◆ 特徴 ◆

●時間帯や曜日を選択できます

1 残業時間(pm5:00~3時間迄)に実施可

2 土曜日、又は祝祭日に実施可

※ 原則、日曜日は行っておりませんし、土曜日はスケジュール調整の上可能であれば行います。

●場所を選択できます

1 貴社工場での実施と弊社「講習会室」での実施を選択できます。

※ 貴社工場が他府県の場合は講習費用とは別に交通費を頂きます。

●内容は貴社要望により選択できます

1 基礎コース、専門コース

2 1回コース、2回コース、年4回コース(※2回以上のコースは1回の実施費用が割安です。)

★ 本講習は有償となりますが「助成金」等の対象となる講習会です。

お問い合わせ