UHP(多孔性)砥石

UHP(多孔性)砥石

一般ビトリファイド砥石とYHP(多孔性)砥石の構造

一般ビトリファイド砥石とUHP(多孔性)砥石の構造


UHP(多孔性)砥石は、特殊製法により、砥粒と結合剤の混合体を壁とする1mm~4mmの大気孔が連続しており、平均気孔率が70~80%と極めて大きい構造となっております。従って、
①軽量で、切り屑の排出性が良い。
②大量の研削液が、研削点に供給され、冷却効果が大きいので、温度上昇が少ない。
などの、特徴があります。
そのため、ダイス鋼などの鉄鋼系材料の他、ゴム、木材、竹材、皮革製品、合成樹脂などの非金属、アルミ合金、銅、真鍮、砲金などの軟質金属、及びステンレス鋼などの難削材の研削が容易に行えます。

UHP砥石仕様の表示法

UHP砥石仕様の表示法

UHP砥石の標準寸法

1号平形砥石

直径 D 厚さ T    穴径 H ロット最小数量
205 10, 13, 16, 19,
20, 25, 28, 32,
38, 45, 50
31.75, 50.8 10
255 50.8
305 76.2, 127
355 76.2, 127
405 127, 152.4,
203.2

UHP砥石の製作可能形状

形状は、上記1号A形(ストレート)以外にも,5号(片へこみ)形、7号(両へこみ)形、38号(片ドビテール)形、39号(両ドビテール)形のものも製作できます。また、上記以外の寸法も製作可能です。

5号片へこみ形

7号両へこみ形

38号片ドビテール形

39号両ドビテール形

お問い合わせ